ギャラリーのある家

Ushiku, Ibaraki, Mar 2011


ギャラリーを併設した崖の縁に建つ住宅です。

白いプレーンな壁に、無垢の板を対比しています。

駅からまっすぐ延びる道が突き当たった先に、この家は建っています。

敷地の奥は崖になっており、その下には谷津田があります。その谷津田の向こうはまた小高い丘があり、森になっています。

道路側からはその先に谷津田の風景を見渡す事はできませんが、ドアを開けると、緑濃い谷津田と森の風景が目に飛び込んできます。

それはまさにプライベートランドスケープとでも言うべき、周囲からの視線を気にせずに楽しめる庭です。

建築の配置はH型に近い形で、中央にエントランスホールとテラス、左側にギャラリー、右側にリビング、ダイニングなどを配置しました。

庭と一続きになったエントランスホールは、ギャラリーとつなげて、展示スペースとしても利用出来るようにしました。

土間になっているエントランスホールを横切る廊下は、分割し、可動式にして、廊下のレイアウトを自由に変えられるようにしました。

ギャラリーの展示スペースとしても利用することを想定しています。

器と暮らしの道具のShop

ハコニワ

 大きな吹き抜けと風通し

リビングは斜め天井の大きな吹き抜け空間になっています。2Fは、吹き抜けに面して小さな子供部屋があるのみで、他は平屋になっています。

2階に上る為の階段は、なるべく面積をとらず、空間にアクセントをつけるために、螺旋階段にしました。

ハイサイドライトは遠隔操作で開閉し、風通しをよくしました。

谷津田からの涼しい風が、対面側にあるハイサイドライトを抜けて風が通り抜けていきます。

設計:時空遊園 環境・建築研究所

施工:伊東工務店


Copyright JIKOOYOOEN ARCHITECTS All Rights Reserved


→ Link to JIKOOYOOEN ARCHITECTS

 

Back to Top page

0コメント

  • 1000 / 1000